SIMカードの基本を知っておこう

今からスマートフォンやタブレットを購入するのならSIMカードの基礎知識は必須です。

本体に取り付けるもので非常に小さなカードタイプの形状をしています。

スマートフォンや携帯電話を使って通信を行う時に必須となる商品で、それぞれ固有のID番号が振られているのが特徴です。


本体に装着すると誰の端末なのかを特定できる様になるので、身分証明書に例えるとわかりやすいといえます。

SIMの情報もあります。

自分で装着することができますがキャリアから購入した場合、スタッフが装着をしてくれた状態で渡してくれるので本体を確かめてみるといいでしょう。


SIMカードは1つではなく複数の形状が用意されています。
一番大きいサイズが標準のSIMカードで、次に大きいのマイクロタイプで一番小さいのはナノサイズです。

標準のものは最近ではあまり利用されなくなっているのが現状でマイクロやナノサイズのものが主流といえます。


他にも格安SIMと呼ばれるものも用意されているのですが、こちらはMVNOの提供するサービスです。


通信業者の1つで通信設備は大手キャリアの物をレンタルしている業者となっています。

それだけに設備投資する必要がなく大手よりも安価な金額で購入できるのがメリットです。
また毎月の料金設定も安く1000円くらいから利用できるものもあります。

大手のものだとロックがかかっているので使える端末が限定されるのが特徴です。



格安のものはSIMフリーといって、殆どのスマートフォンで利用できます。