SIMカードの特徴と注意点

SIMカードはsubscriberidentitymoduleカードの略で、電話番号など固有情報を記憶した通話に必要な小さいICカードのことです。

通常のキャリアと契約した場合は、端末を購入した時に中に入っているので、気にすることはありません。


最近、低価格で話題になっているMVNOと契約する場合は、通常SIMカードだけを販売し、端末は別で用意する必要があります。

携帯電話の端末だけでは、WiFiなどを使ってインターネット通信をすることはできますが、電話で通話をすることはできません。

通話をするためにSIMカードが必要です。


家電量販店やインターネットで購入することができますが、サイズは3種類あり、標準、マイクロ、ナノがあります。
端末によって使える種類が異なるので注意が必要です。

MVNOの契約窓口でも購入することができます。

その場合は、端末を持ち込み、対応可能か確認してもらうことができるので安心です。

自分で購入した場合、SIMカードは端末に差し込む方向だけ注意して挿入するだけなので、作業は容易です。



ただし、挿入だけではだめで、端末上で通信方式とAPN(アクセスポイント)を設定する必要があります。

通信方式は3G、LTEなどから選択します。



APNはカードに同梱の設定情報を見ながら入力作業が必要です。SIMカードは紛失しても再発行してもらえますが有料です。


また貸与品のため使用後は返却義務があるので注意が必要です。