SIMの使い方や特徴を紹介

通信機器を使う時にLTEで通信を行う際はSIMカードが必要です。

これは本体に内蔵するスロットに接続して使うもので、ID番号が登録されている商品となっています。

カードがないと通信する事ができないので必須の道具と言えるでしょう。
SIMカードは大きく分けて3つのものが用意されています。

1つは標準シムですが、こちらは近年あまり見かけないカードです。最近は小型サイズのマイクロとナノが主流となっています。


キャリアを利用してスマートフォンを購入する時、その本体にはシムロックがかかっています。



これはそのキャリアで発行しているSIMを使わないと利用できないようになっている仕様です。シムロックは購入キャリアのお店に持っていくと解除してくれます。

ただしキャリアの保証から外れる場合もあるのであらかじめ確認しておきましょう。市販のスマートフォンにはSIMフリーと呼ばれるものがあります。

キャリアのものと異なりロックのかかっていないスマートフォンなので使い勝手が良いです。



MVNOと呼ばれる大手キャリアから通信設備を借りて商売を行っている会社が取り扱っています。



一般的なスマートフォンやカードよりも安い金額で利用できるもので、毎月のコストを削減したい時に良いでしょう。


MVNOでは特定のキャリアで利用できるカードも用意されています。

大手の通信エリアに対応するので使い勝手だけでなく品質も良いのが特徴です。
初心者におすすめのカードといえます。