SIMフリーで選択肢が大幅に広がる

最近話題になっているSIMフリースマホですが、少し前までは考えられないサービスでした。

以前は携帯端末の中のSIMカードを交換して使用するということが出来ず、携帯会社を超えてサービスを受けることが出来ませんでした。

ある携帯会社で購入した端末はその携帯会社のSIMカードでしか使うことが出来ないというように、消費者がサービスを選ぶ選択肢が狭かったものです。



しかし、SIMロック解除の義務化を総務省が通達してから急激に電話サービスやインターネットの携帯電話端末を使用したサービス事業者が増えました。

消費者にとってはサービス内容によって自分の加入したいサービスを選ぶことが出来ますし、競争が激化することで提供されるサービス内容も充実し、価格も下がります。

その為、携帯電話会社以外にも携帯電話事業に参入してくる新興企業が急増し、特に電話通話をしない若い方にとっては電話機能よりもインターネットの環境整備に力を入れている新興企業に魅力を感じる方が増えています。



新しい企業が既存のサービス市場に参入して来ることで、これまで携帯電話を持っていなかった方が持つようになったり、2台目、3台目と持つことも経済的負担にならなくなってきました。

仕事用、プライベート用と使い分けても毎月の請求額を抑えることが出来るようになってきたのも、SIMフリー義務化の恩恵であると言えるでしょう。

自分のライフスタイルに合わせたサービスを享受出来る時代へと変化しています。