SIMを選ぶなら使い方に合わせる

シムフリーのスマホを購入した際には必ずSIMを契約することになりますが、その際にはいつもの自分の使い方に合わせたものを選ぶようにしましょう。

まず二台目のスマホとして持つ場合や、メイン以外の用途に通話用との場合にはそこまでデータ通信量が多いものを選ぶ必要はありません。



月々の契約が少ない容量でもそれらをオーバーすることがないので月額料金が安い物を選ぶのがベストです。
メイン機として使う場合にインターネットやSNSを使う機会が多い方は、データ通信量の上限が高いプランや無制限で使えるプランを選ぶのがベストです。



格安SIMの中でも毎月インターネットをかなり使えるキャリアというのは多くなってきていますから、それらが提供しているSIMと契約することで容量を気にすることなく使いつづけられます。

格安のキャリアの中には月額1000円以下でスマホが持てるプランもありますから、とにかく安さにこだわりたい方はそうしたキャリアと契約を結ぶのも良いでしょう。

シムフリーのスマホならば何でも対応しているという場合がほとんどですが、一部のスマホには形状の問題でさせない場合もあるので、契約する前にすでに持っているスマホに入るかどうかを確認しましょう。



もちろん格安キャリアでもSIM契約時にスマホの端末を購入できるケースは多いので、SIM契約を結ぶ時には必ずスマホを持っている必要はありません。


シムの契約の際にはなるべくプラン内容をよく確認することが大事です。